キッチン菜園に適している野菜&ハーブ

キッチン菜園に適している野菜&ハーブ

キッチン菜園はスペースも狭く、少量ずつで作りたいため、どんな野菜でも作れるというわけにはいきません。キッチン菜園に適した野菜を紹介しましょう。

 

まずは、ちょっとしたサラダなどの彩りに使えるラディッシュです。日本名では二十日大根といいます。さくらんぼよりすこし大きいぐらいで、皮は赤く中は白い野菜です。食べてみると大根と同じ味がします。ラディッシュの魅力はなんといっても種植えから収穫までが短いということ。名前通り二十日程度で収穫することができます。旬は初夏から秋のすこし肌寒くなる頃まで収穫を楽しむことができます。下の実の部分は生で食べるのがおいしい食べ方。葉っぱはおひたしなどで食べるとおいしいですよ。

 

最近ではベビーリーフ種というのが売られています。ベビーリーフとして食べられるさまざまな種類の種が混合で入っています。どんどん葉っぱが育つので、サラダに適した大きさになればどんどん収穫していかなくてはいけません。

 

ハーブもキッチン菜園にはおすすめです。バジルやイタリアンパセリ、ミントなどは、料理のちょっとした彩としても、そして味のアクセントにも、さまざまな場面で応用することができます。さらに香りも素晴らしいので、キッチンがハーブのいい香りで充満するという楽しみもあります。料理を作るのに意欲が湧いてきそうですね。

 

また、わけぎなどの細ネギの根っこの部分や、貝割れ大根の根っこの部分を水に浸すと、また芽が出てきてそれを食することができます。2度、3度と楽しむことができます。