プランター菜園は葉物野菜からチャレンジ

プランター菜園は葉物野菜からチャレンジ

キッチン菜園から野菜栽培のコツをすこしつかめたら、次はプランター菜園に挑戦してみましょう。プランターというのは鉢のことです。プランター菜園は野菜を作りたいけど、畑はもちろん、広い庭もないという方にピッタリの栽培方法です。プランターで野菜を育てるために、そんなに広いスペースは必要ありません。そのため、プランター栽培をしている人はベランダで野菜つくりを楽しんでいる人がほとんどです。東京などの都心でお住まいの方ですと、野菜を育てたくても育てるスペースがないと断念されることが多いのでは?しかしプランター栽培ならほとんどの野菜を育てることができます。

 

プランター栽培の良い点は、まず畑を耕したり雑草をとったりする重労働をしなくても野菜を育てることができるということです。畑仕事には重労働は欠かせませんが、プランター栽培ですと少量の土でも立派な畑となってくれるので、心配される重労働は皆無に等しいですね。

 

そして、プランターはベランダなど、生活の動線に近いところにおいて観察できるため、ダメにしてしまうことや枯らしてしてまうこともあまりありません。野菜の成長を毎日楽しく確認しながら育てることができます。

 

その上、害虫などの被害も少ないですし、管理がとても簡単。忙しくても野菜の収穫を楽しむことができますよ。

 

初心者にはベビーリーフやホウレンソウ、小松菜、ネギといった葉物野菜からチャレンジすることをおすすめします。葉物野菜は成長が早く収穫も早いので、育てる喜びをすぐに感じることができます。そして下に伸びず上に伸びるため、浅型のプランターでも楽に育てることができますよ。上級者はレタスやキャベツなんかもプランターで栽培してみましょう。