野菜倍増計画!(豆苗編)

野菜倍増計画!(豆苗編)

今年はずっと野菜が高いですよね。
でも、野菜は食べたい!
美容の味方!妊婦の味方!!

 

ということで、自分で育ててみることにしました。

 

まず始めにトライしてみたのが、この数年流行りの「豆苗」。
栄養豊富な緑黄色野菜であるにも関わらず、
野菜がいくら高騰しようとも同じくらいの価格帯で売ってくれて、本当〜にありがたい野菜です。
しかも、種から育てなくても食べ終わった豆苗で倍増できるので、ドジな私にはぴったり!

 

それでは栽培方法からお伝えしますね。

 

 

<豆苗の倍増方法>
1)茎の下の方から切って、まず上を食べます。
2)余った根っこを水に浸しておきます。
3)また豆苗が伸びてくるので、食べます。
4)2〜3を繰り返し

 

 

ね?簡単でしょう?
しかしこの豆苗、実は落とし穴が…

 

私のやった失敗は、豆を腐らせてカビさせてしまうこと。
(あのイヤ〜な羽虫が湧いてくるんですよね)
これは、旅行前などに豆に水が浸るくらい水をたくさん入れると失敗します。
ですから、豆は絶対に水につけない!水はこまめに足す!!のが豆苗を育てるコツです。

 

もう一つ、私の妹がやった失敗は、ヒョロヒョロの茎しか生えてこないこと。
真面目な私の妹は、豆苗のパッケージの注意書きを忠実に守り「直射日光を避ける=本当に日光に当てないで」育てたそうです。
(私は、「豆苗のモヤシ化」って呼んでしまいました)
茎だけでは…さすがに料理が映えません。。

 

 

ちなみに私は、パッケージの注意書きはどこへやら、日光を一番浴びる南側の窓際にて育ててます。
収穫するときに、一番下の葉を残すようにしたら、よく光合成できるのか、本当にすくすく育ちますよ!
そして、葉っぱいっぱいで栄養たっぷり♪
ちょっと葉が大きく固くなってしまうのが難点ですが、その分栄養詰まってる(たぶん)と思うと美味しくも感じます。

 

 

豆苗はクセがあって、料理を選ぶ面もありますが、
定番の中華炒めはもちろん、ニンジンのきんぴらや高野豆腐、卵とじにちょっと入れるだけでも、栄養も見た目もグンとアップします!
冬はお鍋に入れるというのも聞いたことがあるなぁ…。

 

 

本当に簡単楽ちんなので、ぜひ皆さんもチャレンジしてみて下さいね!

 

Human Relationsのこだわり有機野菜とイタリアン料理はこちら