有機栽培と無農薬栽培の違い

有機栽培と無農薬栽培の違い

健康志向の方たちを中心に、野菜の「質」にこだわる人たちが増えてきています。野菜の「質」というのは、その野菜がどのように作られたのかということ。一般的な作り方とは違う、すこしこだわった作り方をしている農家の方もいるのです。

 

その1つに有機栽培というものがあります。最近ではスーパーの野菜コーナーの一角に有機栽培野菜が置かれています。一般的な方法で作られた野菜に比べると、すこし値段も高い設定となっています。

 

有機栽培とは、野菜の栽培中に化学肥料や化学農薬を一切使わないで野菜を作る栽培方法です。それだけではありません。栽培中だけでなく、植え付けの3年前ぐらいから化学農薬と化学肥料を使っていないということが条件になります。有機栽培をしている農家は、農林水産省が認可する認定機関のチェックを受け、パスをするとようやく「有機栽培」であることを名乗ることができます。チェックは毎年行わなければいけません。認可を受けると、有機栽培であることと、「JAS」マークを表示することができます。有機肥料は化学肥料より効果がゆっくりであること、そして手間もかかることから、一般の野菜より値段がすこし高いのです。高いだけあり、人の体に害となるようなものは一切使われていません。

 

さて、一方の無農薬栽培ですが、無農薬栽培とは、農薬を一切使わないで野菜を栽培する方法を言います。農薬は使用しませんが、化学肥料は使うことができます。化学的行程で、無機質なものから作り出す肥料であるため、有機栽培とは正反対のところにあるものだということができます。

 

このように、有機栽培と無農薬栽培、同じように見えますが、明確に違うところもあります。この違いをしっかり認識し、野菜を購入するときの条件とされるといいでしょう。

 

 

表参道の英会話
英会話 大阪・梅田・名古屋・横浜・札幌・東京の英会話スクールランキング